学習を開始する
メイン メニュー ホーム メインコンテンツ 認定証を取得しよう もっと見る arrow_drop_down 参考ツール コミュニティ よくあるご質問 お問い合わせ Innovation Japan
ログイン

ボーナスコンテンツ

このセクションでは、あらゆるデジタル学習に役立つボーナスコンテンツが見つかります。これらの動画は Google デジタル ワークショップの認定資格とは関係しませんが、面白そうなトピックがあればチェックしてみてください。

クラウドでの共同作業

次のトピック
{[ ((showTranscript) ? '非表示' : '説明文を表示') ]}
オンライン ビジネスのグローバル化に伴い、世界中の人とつながる機会がますます増えています。
クラウド ソフトウェアを使えば、相手がどこにいようとリアルタイムで共同作業ができます。
このレッスンでは、クラウドのメリットや、注意すべき点について説明していきます。

G Suite や Office 365 などのクラウドプラットフォームを使えば、他のユーザーとプロジェクトを同時に編集したり、共有したりすることができます。
クラウド上の文書で共同編集すれば、リアルタイムで意見を交換できます。
たとえば、世界各地の技術者が参加する宇宙プロジェクトを想像してみましょう。
実際に対面する機会は限られるため、クラウドで共同編集すれば旅費や時間を節約できます。

担当者の役割に応じて閲覧権限から編集権限まで、必要な権限を調整して付与できます。
もしクラウドソフトウェアが存在しなければ、全員が資料を確認できるまでに膨大な時間がかかるでしょう。
さらに、各自が個別に資料を編集するため、最新版のファイル管理が困難になります。
その結果、共同作業は遅く非効率なものになり、問題の解決にかかる時間も大幅に長くなります。
クラウドを使えば時間と費用を節約でき、情報の透明性も保つことができます。
デバイスは、必要に応じてノートパソコン、タブレット、 スマートフォンでファイルにアクセスできます。

このように、クラウドでの共同作業には大きなメリットがありますが、導入前の注意点についても触れておきましょう。
まず、安定したインターネット接続の確保が重要です。接続の問題で作業が滞ることのないようにしましょう。
次に、オフライン機能を設定し、接続が切れてもデータの損失なく作業を続行できるようにします。
また、各ユーザーの権限を確認して、共同編集のプロセスで問題が生じないようにします。
編集権限、コメント権限、閲覧権限など、アクセス権限を役割に応じて設定します。

最後に、クラウドでファイルを誰が見ても分かるように、分かりやすいファイル名の付け方に関する規則を作ることも重要です。
では、実際にクラウド共同作業を導入し、作業環境を改善した事例を紹介します。
クラウドを活用することでの作業効率の改善が、どれだけ生産性を上げることが出来るか、ぜひ考えてみてください。
{[ ((showTranscript) ? '非表示' : '説明文を表示') ]}
在宅勤務の同僚と打ち合わせをする、他の国のチームと共同で作業するなど、多様化する働き方をサポートするにはクラウドが役立ちます。 クラウドを利用した共同作業が時間の節約につながる理由、およびクラウドを利用する際の注意点を学びましょう。
次のトピック
前へ 次のトピック