学習を開始する
メイン メニュー ホーム メインコンテンツ 認定証を取得しよう もっと見る arrow_drop_down 参考ツール コミュニティ よくあるご質問 お問い合わせ Innovation Japan
ログイン

ボーナスコンテンツ

このセクションでは、あらゆるデジタル学習に役立つボーナスコンテンツが見つかります。これらの動画は Google デジタル ワークショップの認定資格とは関係しませんが、面白そうなトピックがあればチェックしてみてください。

時間の有効管理

次のトピック
{[ ((showTranscript) ? '非表示' : '説明文を表示') ]}
タイム マネジメントで重要なのは、ある期間に達成したい目標を設定し、作業に優先順位をつけることです。
このレッスンでは、非効率を招く一般的な要因と、生産性の向上につながるヒントを紹介します。
無駄な時間を生む原因はどこにあるのでしょうか。
1 日の中だけでも、仕事の妨げになる阻害要因は山ほど見つかります。
電話やメール、同僚からの質問なども、積み重なると多くの時間が奪われます。
騒音や設備上の問題があるオフィスは、環境自体が阻害要因になっているといえます。
避けては通れない会議室とオフィスの往復ですら、生産性の低下につながります。
阻害要因が何であろうと、解決の第一歩は原因を特定することです。
まずは、個々の仕事にかかった時間を記録してみましょう。
日常業務に要する時間を記録することは、時間を有効に利用するための第一歩です。
スプレッドシートでも手書きでもかまいません、毎日のタイムシートを作成してみましょう。
一つひとつの作業、仕事の中断、電話、外出など、すべてをこと細かに記録することが重要です。
時間の配分をなるべく正確に把握できるよう、1 ~ 2 週間は続けることをおすすめします。
次に、特定できた阻害要因の影響を、最小限に抑える方法を考えます。
Google Keep などのオンライン生産性ツールは、To-Do リストの作成やタスク管理に役立ちます。
他人にタスクを割り振ることができるツールや、納期間近の通知を受け取れるツールもあります。
多くのツールは無料で提供されており、条件付きの無料版がある有料ツールもあります。
ポイントは、やりすぎないことです。
あれもこれも詰め込もうとすると、やる気だけでなく生産性も落ちてしまいます。
まずは、手書きメモかオンライン ツールで To-Do リストを作成し、優先順位を付けましょう。
リストにチェックを付けることが動機付けになり、仕事をこなしていく推進力にもなります。
ここで、毎日の業務の生産性を高める、特におすすめのヒントを 5 つ紹介します。

1. 会議中は集中する
出席する必要がなくメリットがない会議は、参加を要請されても断りましょう。
時は金なりです。
貴重な時間を有効に活用しましょう。
会議を主催する場合は、明確な目標を設定し、事前に資料を配り時間を厳守します。
2. To-Do リストを毎日作成する
その日にやるべきことをリストにまとめて、優先順位を付ける習慣を身に付けましょう。
3. 休憩をとる。
5 ~ 10 分の休憩で集中力と生産性が高まります。特に、ストレッチをして体を動かすことは重要です。
4. 阻害要因を排除する
集中したいときには周囲にそう伝えるか、阻害要因が少ない場所に移動します。
5. 睡眠をしっかりとる
睡眠不足は仕事に影響します。翌日に備えて、夜はゆっくり休みましょう。

なお、生産性を向上することはできても、阻害要因がゼロになることはありません。
対応すべきメールや会議は常にありますが、それ以外の時間を効率化することはできます。
時間管理の改善に取り組めば、公私の両方でメリットがあります。
ストレスの緩和やミスの減少、さらに、生産性の向上が期待できます。
毎日の仕事の阻害要因を特定し、影響を最小限にする対策をぜひ立ててみましょう。
{[ ((showTranscript) ? '非表示' : '説明文を表示') ]}

あまりに忙しくて、1 日がもっと長ければと思ったことはありませんか?時間管理は、生産的で充実した日々を過ごすために欠かせないスキルです。 現在の時間の使い方を見直し、時間を効率的に管理して、仕事の効率を上げる方法を学びましょう。

次のトピック
次へ